CopyPastehas never been so tasty!

janky.postのコードリーディング

by anonymous

  • 0
  • 0
  • 0
893 views

1.janky(opts)のオプションを受け取る

2.janky._formiframeを作って、iframe内にform要素を作成する

3.optsを元にformaction先のURLget,postなどを設定する。

4.janky._inputで渡したい値をシリアライズして、form > inputを作りそのvalueに入れる

5.onmessageイベントを作って、_responselistenさせる。

6.iframe.onreadystatechangeで、_response({ data: iframe.contentWindow.name });としてwindow.name*1dataとして渡す。

7._response内では自分自身のイベント解除と、iframeの除去をして、opts.success(JSON.parse(resp.data)として、設定したsuccessに値を渡す。

サーバ側で*1window.nameを設定しているので、jsとサーバが連携して初めて使えるものだと思う。

サーバサイドはpythonでかかれたものが同梱されていて、

で動作する。

後、janky.postのJavaScriptテストにはSinon.JSQUnitが使われてる

またsinon-qunitを使ってQUnitとも連携がとれる。



Add A Comment: